高菜

a0331276_8461787.jpg



 高菜漬け厨と三和土と母の塩

松山俳句ポスト(6月11日発表分) 選外

子供の頃、亡き母(生きておれば103歳)は高菜漬けをしてました。現代のシステムキッチンの様な明るい台所ではなく~

 高菜漬け小柄な母は力持ち


松山俳句ポスト(6月11日発表分) 並選
葉物としては、背が高く大きな高菜を、小柄な母が一人でしかし、自慢気に漬けておりました。



にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

[PR]
by yuri_valley | 2015-06-12 08:59 | 俳句ポスト | Comments(4)
Commented by 丸山清子 at 2015-06-13 07:01 x
お早うございます。

百合かがりさんの優しい気持ちが表れた句ですね。

私も、既に亡き母をよく詠みます。
俳句をはじめて、昔の色や匂いまでも思い出すことがあります。
俳句って、不思議な力を持っていますね。
Commented by yuri_valley at 2015-06-13 09:44
清子さん、おはようございます。清子さんに私の思いや昔の色や匂いを思って貰い、うれしいです。
兼題 高菜では阿蘇を句のなかに入れておられる方が多くいましたね!私、阿蘇に近い豊後育ちなのに~そちらに句心が行かなかった事!!!やはり力(俳句)がないなあ~と思いました
Commented by mariko789 at 2015-06-13 14:06
>高菜漬け厨と三和土と母の塩
>高菜漬け小柄な母は力持ち

丸山清子さんも仰っていますが、お母様への優しい心、懐かしむお気持を感じます。
自分が詠んで良かったと思う句が、けっきょく一番なのではないかしら。
私は並選に採って頂いた句、選外になった句でも自分で好きと思う句があり、そういう句は長く記憶に残っています。

漬ける は文語で 漬く
yuriさんの意図は
名詞の「高菜漬」、動詞の「高菜漬け」どちらだったのでしょう。
もしも動詞でしたら文語の「高菜漬く」ですと紛らわしくなく、分かりやすいと思います
「高菜漬く小柄な母は力持ち」どうでしょう。。 
Commented by yuri_valley at 2015-06-14 08:34
まりこさん、(高菜)俳句コメント本当に有難うございます。
「高菜漬く」と動詞です! 私の意図は!
本当に有難うございます。私もいままで作った俳句ノートに書き残しています。後で、娘たちが「母さんの、人生や思いはこんなだったのか~」と思ってくれたらいいな~とかんがえています。
いつも、丁寧な我が句へのコメント有難うございます。
<< 特攻花 鉄線花 >>